Pepperアプリ開発インターンシップ 鳥取大学ワダさん(2回め)

1. はじめに


お久しぶりです。
鳥取大学の大学院からインターンシップに参加しましたワダです。
大学院では、複数ロボットの分散制御の研究を行っています。
昨年もイサナドットネットのインターンシップに参加させて頂いたので、
2度目の登場です。

2. インターンシップに参加した理由


私は昨年、Androidアプリの開発をさせていただいたのですが、
「今年のインターンはPepperのアプリ開発やるよ」というお話は以前から聞いていました。

なんとなく今年も面白そうだなと思っていたところ、
来ないかとお声がけ頂いたので、

是非!
ということで参加することになりました。

3. インターンシップでの課題


今回のインターンシップでの課題は、
「会話記録アプリ」を作るというものでした。


当初は、口頭で伝えた内容をPepperがテキスト化してくれる、
「日記アプリ」というのを考えたのですが、
会話の内容をテキスト化する機能の実装は1週間では厳しいというアドバイスを頂いたので、
その前段階として、会話内容を録音してくれるというものを作ることになりました。

そして、追加機能として

・会話中、Pepperは相槌を打ってくれる
・使用者の感情を認識して、Pepperの感想を記録してくれる

というものを作りました。

全体の流れは、

◯開始処理
 ・「Pepper、話聞いてよ」というと始まる
◯Pepperが日付と感情を取得し、記録する
◯会話開始
 ・会話中、「うん、うん」と相槌を打つ
 ・会話が途切れると「それから?」と会話を促す
 ・使用者が「聞いてんの?」と聞くとPepperが「聞いてますよ」と言って証拠として録音音源を流す
◯終了処理
 ・「感想見たいですか?」と聞かれ、YESと答えるとタブレットに日付と感想を表示する
というものになっています。



4. インターンシップを終えて


Pepperの開発は独特で、正直、最初の2日間は思ったように作業が進みませんでした。
しかし、メンターの方のアドバイスもあって、なんとか最初にイメージしたアプリにすることができました。
メンターの方には本当に感謝しています。

途中、Pepperがよくわからない挙動をして突然倒れこんできたり、
私が繋ごうとすると頑なに拒否されたりとトラブルもありましたが、
なんとか無事に予定していた目標を達成することができてほっとしています。

また、昨年もこのインターンシップに刺激を受けて自分でもいろいろプログラミングをするようになったのですが、
今回のインターンシップを経て、もっと勉強して、もっと面白いものが作れるようになりたいと思いました。

参加して本当によかったです。ありがとうございました。

5. 最後に


インターンシップのワダさんの体験記をブログとして掲載させて頂きました。

Pepperの機能をたくさん使って、ユニークなアプリを開発していただきました。
勘どころがよく、ちょっとアドバイスを送っただけでほとんど自分の力で解決していたのが印象的でした。

この経験を活かし、これからも勉強に励んでいただければと思います。

isana.netでは積極的にインターンシップを受け入れ中です。

ご興味持った方はisana.netまでお問い合わせ下さい。
詳細・お問い合せはこちら

イサナドットネット全員でお待ちしております。


Pepperアプリ開発インターンシップ 鳥取大学ワダさん(2回め) Pepperアプリ開発インターンシップ 鳥取大学ワダさん(2回め) Reviewed by Masafumi Abe on 19:32:00 Rating: 5
Powered by Blogger.