IBM Bluemix (PaaS) / Swiftでサーバーサイド開発

IBM Bluemix (PaaS) / Swiftでサーバーサイド開発

IBM BluemixにSwiftのランタイムが追加され、クラウド上で Swiftを使ってサーバーサイドのアプリ開発ができるようになったみたいです。
そこで今回はIBM Bluemix / Swiftで簡単に「Hello World」サンプルプログラムを作成してみたいと思います。

IBM Bluemixにログインする

まずは以下からIBM Bluemixにログインします。
※IBM のアカウントが必要になります。

プロジェクトを作成する

ダッシュボードで[Cloud Foundlyアプリ / アプリの作成]をクリックします。


アプリの種類は「WEB」を選択します。


Swiftをクリックします。


















アプリ名を入力して「完了」をクリックします。
今回はアプリ名を「webhellloswift」とします。


アプリの実行方法を選びます。
今回はデフォルトの「CFコマンドラインインターフェース」を選びます。

アプリをするためのコマンドラインツールをダウンロード&インストールします。
(ボタンが2個ありますが、どちらでもOKのようです。。。)



コマンドラインツールのインストールが終わったら
「スターターコード」をダウンロードします。


ダウンロードが終わったら、zipファイルを解凍しておきます。

ソースコードの編集

解答したフォルダの
/Sources/Server/main.swiftをエディタで開き、
HTMLを出力している行を適当に編集し、保存します。
今回は以下のように編集しておきます。
「Hello World !!!!!!!」

アプリを実行する

ターミナルを起動し、解凍したフォルダに移動しておきます。
順次以下のコマンドを実行していきます。

・IBM Bluemixに接続します。
$ bluemix api https://api.au-syd.bluemix.net

・IBM Bluemixにログインします。
$ bluemix login -u [ユーザーID] -o [ユーザーID] -s dev

・アプリをデプロイします。
$ cf push [アプリ名]

・最後に以下のURLをブラウザから実行します。
[アプリ名].au-syd.mybluemix.net

編集した文字列がブラウザに表示されました!











最後に

今回Swiftを使ってサーバーサイドの開発をやってみましたが、このメリットとしては以下になるようです。

・モバイルデバイス開発においてクライアント / サーバー共にSwiftのみで開発可能となるためエンドツーエンドの開発が簡素化されること

たしかにクライアント側もサーバー側も同じ言語で開発したほうがコードの親和性も高くなります。そのため言語仕様の差もなくなり、見た目としてもデバッグなどやりやすくなるので、かなりメリットがでてきそうですね。といってもSwiftは現時点でiOSアプリ開発に限られているので、SwiftでiOSデバイス以外のプラットフォームでアプリ開発できるようになっていけば、よりおもしくなるんじゃないかなと思います。


IBM Bluemix (PaaS) / Swiftでサーバーサイド開発 IBM Bluemix (PaaS) / Swiftでサーバーサイド開発 Reviewed by tanabe on 13:18:00 Rating: 5
Powered by Blogger.